ページメニュー ×

ワンポイントコラム
2016年04月04日

エバーアプリの堀田です。
今回は晩婚化についての記事です。

 

 

 

①本当に晩婚化なの?
②生涯未婚率がベンチャー企業並の右肩上がりをしている!

 

 

 

①本当に晩婚化なの?

キャプチャ

まずは、下記の統計データをご覧ください。

 

 

第9回調査【1987年の調査】
男性の平均初婚年齢・・・28.2歳
女性の平均初婚年齢・・・25.3歳

 

第14回調査【2010年の調査】
男性の平均初婚年齢・・・29.8歳
女性の平均初婚年齢・・・28.5歳

 

 

おやおや?と思った方も多いでしょう。
これは国立社会保障・人口問題研究所が定期的に実施している動向調査で、厚生労働省が胴元となっている信憑性のあるデータです。
世の中では晩婚化と叫ばれていますが、実は対して晩婚化されている訳ではないのですね。

 

まあ 6年前のデータなので、さらにそこから急激な初婚率の高齢化になっているかもしれないので、確実な調査はまだされていません。

 

では何故マスコミ各社や政府が揃って晩婚化!なんて言っているのかというと、実は恐ろしい背景が隠されているのです。

 

 

 

 

②生涯未婚率がベンチャー企業並の右肩上がりをしている!

xccvbn

キャプチャ

 

上記の図をご覧下さい。
この図は生涯未婚率とお見合いの因果関係を表した図ですが、晩婚化よりも明らかにやばいのに「ヤバイはヤバイですけど、そこまでやばくないですよ?」感が政府とマスコミにあるのは間違いありません。

 

 

【1985年の未婚率】
男性・・・3.89%
女性・・・4.32%

 

【2010年の未婚率】
男性・・・20.14%
女性・・・10.61%

 

 

この両者を比べると25年でそれぞれ男性で20%で女性で10%も増加しているんです。
GDPが3%下がっただけでも日本滅亡!と言われるぐらい大騒ぎしているのにこの静けさは異常です。

 

単純に人口の数に比例してGDPも多くなるので、要するに20%のGDPが今後減る可能性があるという事です。
今はシングルマザーも多いですが、結婚するという事は出産する可能性も上がりますからね。

 

また、この因果関係のグラフではお見合いが減った事により婚姻率が下がったとなっておりますが、実はこれはほぼ正しいと私は見ております。

 

社会人になれば異性と知り合う事は多くなるものの、その関係はビジネス上での関係になります。
そうすると学生の様に「ウェェェ~~イ」という様な気軽な関係ではいられないので、良いと思う相手でもアプローチが出来ないというのは周知の事実です。

 

なので、お見合いが減ったという事は、イコール出会いの場が減った事に他なりません。
過疎化が進んでいる地方自治体のトップがこう漏らしたと知り合いツテで聞きました。
「やっぱりお見合いや婚活パーティが積極的に行われる様に予算を投じるべきなんだろうなぁ」と

 

やはり、介護の補助金を使うよりは、子供が多い社会作りにお金を使った方が結果的に日本全体の利益になりますからね。

 

流石に、未婚率をテレビで取り上げると若者は「だったら自分も結婚しなくていいや」と思ってしまう可能性があり、あえて晩婚化という代替えワードを使っていると私は予想しています。

 

 

 

Copyright(c) 2020 名古屋市・伏見・栄で婚活パーティーを開催|エバーアプリ All Rights Reserved.
Scroll Up